カテゴリー
未分類

消費者たちを守り楽しく安心して買い物ができるためにも

ネット通販で買い物をするのは今や普通のこと、普段からパソコンやスマホを使う人なら、1回はネットショッピングをしたことがあるはずです。

英会話をはじめとする語学教室やエステ、さまざなサービスをたくさんの人が利用しています。
特に都心の賑わう街中などを歩いていると、全く知らない人から声をかけられてそれがセールスであったり、知らない番号からの着信と思ったら勧誘ということもあることです。

商業上の取引行為において、お金を出す側にとって不利な立場になるのは考えもの、何かトラブルが起きても泣き寝入り状態になってはいけません。消費者たちをそうしたトラブルから守るためにも、日本の法律の一つとしてあるのが特商法です。

実店舗での対面販売だけではなくネットの普及により、今では様々なショッピングの方法があります。便利になった半面で以前では考えられないようなトラブルが生じることもあり、問題ばかりに行きついてはせっかくの買い物は楽しくありません。
そこで消費者を守るために登場をしたのが特商法です。あまり耳馴染みない人も多いですし、初めて聞く言葉という人もいるかもしれません。

物を売る側は誠実に消費者と向かい合う必要がありますし、商品やサービスの質が良いはもちろんのこと、宣伝広告をするにしても紹介をしたりする際にも、質の高さは大切にするべき部分です。

しかし残念なことに販売店やセールスに広告などは、すべてが高品質な対応とは言い切れないケースがあります。

まるで脅迫めいた言動で買わないといけない、契約をしないと帰れないような低俗な勧誘をしたり、怪しい詐欺的な誘いでサービス契約をさせようとするなど、悪質なやり方も無いわけではありません。それは広告においても同様であり、真実とはかけ離れたことを広告として出したり、不当表示もこれまでにはあります。

これでは消費者側は買い物に嫌気がさしてしまいますが、お金を出す側は利益をしっかりと守らなければなりません。
そのためにあるのが特商法であり、おかげで消費者は安心して様々なサービスを利用し、買い物を楽しむことができます。

広告規制を設けているのはとても身近になった買い物の仕方の通信販売、また特定継続的役務提供などもそうです。
実は過去にしつこい勧誘で懲りてしまった、広告の文面と実際の商品に違いがあったなど、がっかりな思いをした人もいるかもしれません。

時が流れることで法律も変わってきますから、現代なら特商法により安心して買い物を楽しむことができます。